感覚を選択肢の一つとする

主に競馬について考えたことを書き留めて反省するところ。あともろもろ

反省 -東京スポーツ杯2歳S-

東スポ2歳をサクッと振り返ります。

 

予想と買い目は、

◎4ゼンノジャスタ 7着

◯1ラインベック  3着

単勝 ◎ 100円

ワイド ◎ - ◯ 300円

 

的中なし!うーん惨敗。2歳戦の攻略法がなかなか見えない。勉強あるのみです。

今まで2歳戦は人気馬を嫌ってましたが、次からは人気を気にせず素直に買いたい馬を買ってみようかな。あと少額でやるのは継続で。

 

 

レースはマイネルデステリョが飛ばしていったので自力の問われる展開だったのかなと。掲示板は人気順で決まっているし。

勝ったコントレイルは直線で抜け出すと後続とグイグイ差を広げて2着とは5馬身差、2歳レコードを1.1秒更新の圧勝。高速馬場ではありますが内容は次元が違ったような。レースを見た人はやべー馬が現れたなと感じたはず。クラシックに向けての話なら不安は距離くらいですかね、でも大体の馬に当てはまるしなぁ。

2着のアルジャンナもかなりやれそうに見えますが。このレースに関しては相手が悪かったとしか。重賞は勝てそう。

3着以下はどうなんだろ。次走見ないとわかりません。

 

 

次にいかす教訓

人気(オッズ)を気にするより馬をしっかりみる

 

ではでは。

 

予想 -2019/11/17のWIN5-

まずは先週の予想の結果から振り返ります。

東京10R

 13メモリーコロネット 2着(2人気)

京都10R

 3バレーノロッソ 13着(4人気)

福島11R

 10クレッシェンドラヴ 1着(1人気)

東京11R

 15エントシャイデン 8着(2人気)

京都11R

 1ラッキーライラック 1着(3人気)

 

WIN2とPLACE1ですね。1点買いだったのでまあまあかな。

 

今週も頑張っていきましょう。

今週は福島11Rがちょっと自信あるので6点勝負でお願いします。

 

東京10Rは前走赤富士Sの2着馬(アシャカトブ)と3着馬(フリーフリッカー)の2点突破でいきます。アシャカトブは武藤雅騎手なのでこのクラスでは安定した成績のフリーフリッカー北村友一騎手)を加えた形。前走同じコースで圧勝しているアポロテネシーはきたらごめんなさいで。

 

京都10Rは9頭立て。マーフィー騎手、スミヨン騎手、川田騎手が乗るマイネルズイーガーバイオスパークダンスディライト3点突破でいきます。

 

自信のある福島11Rの本命はショームです。福島ダ1700mでは2戦2勝で前走のリステッドでも力は見せた。現在1人気ですがここは1点で突破できそう。福島は騎手が揃ってなくて心もとないですが津村騎手なら安心。

 

東京11Rはミッキーワイルドが抜けた1人気。実績十分でハンデも軽いのでここはミッキーワイルド1点突破かな。勝つかはわからないけどベストマッチョは馬券に絡みそうな予感。伏兵が多いのでミッキーワイルドが負けたらしょうがないと割り切る。北村友一騎手の連勝願ってます。

 

京都11Rマイスタイル一点突破です。対抗はダノンキングリーなんですが勝ちは無いと思うので。

overthink.hatenablog.com

 

買い目

東京10R 4, 11

京都10R 2, 4, 5

福島11R 3

東京11R 11

京都11R 3

WIN5 6点

 

それでは。

 

予想 -マイルチャンピオンシップ-

マイルCSの予想をしていきます。

 

前走だけで判断はしませんが前走別にグループ分けしたらスッキリしたので分けてみます。色をつけた馬が買いたい馬です。よろしくお願いします。

 

毎日王冠

ダノンキングリー, インディチャンプ, ペルシアンナイト

 

ダノンキングリーは斤量54kgで東京得意なのもあるが毎日王冠でのパフォーマンスは凄かった。既に古馬と戦っているので「今年の3歳馬のレベルは低いから消し」というのは短絡的で、嫌うならむしろ初輸送・テン乗りなどの要素か。1番枠はプラスだと思います。

インディチャンプは前走は叩き。上積みがあり斤量の差が縮まるダノンキングリーに逆転すると考えられるが右回りが引っかかる。また能力を100%以上発揮したのが安田記念で鞍上が急遽変わった今回は安田記念時と比べて能力を出しきるのは厳しいとみる。

ペルシアンナイトは一昨年は1着、去年は2着とこのコースの適性を証明しており侮れない一頭。ここ2年とはローテーションを変えブリンカーを着けるなど工夫がみられるが特に良くも悪くもなってなく例年通りに走れるだろう。

 

 

富士S

レイエンダ, レッドオルガ, クリノガウディー, カテドラル, エメラルファイト

 

ここからは1頭も買わない。

レイエンダは鞍上が怖いが馬場が悪くなってこその馬だとだと思うし、馬群をさばけないのもマイナスで外から差し届くのか疑問。好走するには逃げなのかなぁ。道中捲ってねじ伏せるほどの能力も感じられない。

レッドオルガはサウスポーなので今回は見送り。クリノガウディーは直線でのさばき方次第では上位もありえるかもしれないが少し実績が劣る。カテドラルエメラルファイトは内枠で上手く脚を溜めて直線勝負で上手くいってやっと馬券内だと思うので消し。

 

 

スワンS

ダイアトニック, モズアスコット, マイスタイル, タイムトリップ, グァンチャーレ

 

ダイアトニックモズアスコットは1400mでこその馬で、1600mでは厳しいとみる。 

マイスタイルは前走差のない3着で今年の京都金杯では2着と京都適性はあり1600mも歓迎。先行して内枠をいかせば。

タイムトリップを買うならダイアトニックを買う。グァンチャーレは春と比べていまひとつ。

 

 

天皇賞

ダノンプレミアム, アルアイン

 

ダノンプレミアムは休み明け初戦の前走が目標で今回は出来が落ちる。今回のメンバーでは能力が最上位だがここは嫌っていきたい。

アルアインは去年は恵まれての3着で2着だったペルシアンナイトとは差があるとみている。内枠ではない今回は去年と同じようにもう一回くるのは考えにくい。

 

 

その他の組

フィアーノロマーノ安田記念

プリモシーン(府中牝馬S

 

フィアーノロマーノ安田記念から直行。ダービー卿のパフォーマンスは素晴らしく、休み明け初戦でも問題なく右回りの1600mは歓迎。この人気なら買ってみたい。

プリモシーンは前走の敗因がわからなかった。こういった馬はあまり買いたく無い。あと左回りの方が良いだろう。

 

 

予想

◎3マイスタイル

◯1ダノンキングリー

▲7ペルシアンナイト

☆6フィアーノロマーノ

 

買い目

単勝 ◎ 500円

馬連 ◎ - ◯ 300円

   ◎ - ▲ 100円

   ◯ - ▲ 100円

3連複 ◎◯▲ 100円

単勝 / 複勝 ☆ 100円 / 200円

 

フィアーノロマーノは単複だけ買っておきます。

 

ではでは。

予想 -東京スポーツ杯2歳S-

出世レースでおなじみとなった東スポ2歳の予想をしていきましょう。

 

今回は8頭立ての小頭数。2年前のワグネリアンが勝ったときは7頭立てで人気通りの決着でした。素直に人気馬からいった方が良いのかな〜。

 

上位人気3頭はラインベックアルジャンナコントレイルのディープ産駒。前走を見て買いたい順は

ラインベック

コントレイル

アルジャンナ

かな。

ラインベックは勝ちっぷりは微妙ですが左回りで2勝。良馬場ならもっと良いパフォーマンスが発揮されるかも。ビュイック騎手が乗るのも心強い。全兄ジナンボーと比べて名前がかっこいい。

コントレイルは阪神1800m勝っているので阪神2000mを勝ったアルジャンナより評価してるだけで前走見てもどっちが上かは全然わかりません。

3頭で決まるのはないように見える。人気が3頭に集中するなら他の馬からいきたいです。

 

 

既に2勝していてどちらも左回りのゼンノジャスタが狙い目かな。

 

いやいや1400mでしか勝ってないやーんとツッコミが入りますが、

走ってみたら実は大丈夫だった

という未知の可能性にかけてみようかな。人気もなさそうだし。

 

前走レコード勝ちのマイネルデステリョも捨てがたいな。でも今回はスルー。

マーフィーとかルメールからいくなら素直に人気馬からいった方がいいのかな。

 

 

予想

◎4ゼンノジャスタ

◯1ラインベック

 

買い目

単勝 ◎ 100円

ワイド ◎ - ◯ 300円

 

自信の無い2歳戦は少額が一番。

 

ではでは。

反省 -エリザベス女王杯-

エリ女を振り返っていきますか。

ゲート入りでラヴスオンリーユーがもたついてシメシメと思った後にクロコスミアが尻っ跳ねしてるのを見て不安になってましたが、

予想の結果は、

◎2ラッキーライラック 1着

◯6クロコスミア    2着

▲8クロノジェネシス  5着

△17サラキア        6着

 

買い目は、

単勝 ◎ 500円

ワイド ◎ - ◯ 500円

3連単フォーメーション

◎ - ◯▲△ - ◯▲△ 各100円(計600円)

 

単勝(5.4倍)とワイド(9.7倍)が的中!ブログ始めてから初のG1的中。

今回は前残りを読んで道中インを通る先行馬を狙いました。結果的にラッキーライラックは想定よりも後ろになったが、インを通っていた3頭で決まったしある程度は展開当たっていたのかなと。ラヴズオンリーユーの位置取りは予想できなかったしやっぱり展開"だけ"で予想するのはリスク高いと感じたレース。買い方自体はもうちょい儲けられた気もしますが悪くはなかったかなと。馬連買えば良かった)

 

勝ったのはラッキーライラック。絶好のスタートから中団よりすこし前からの競馬。近走は早仕掛け気味だったのでスミヨン騎手は仕掛けを少し遅らせると読んでましたが脚を溜めることに専念。結果インから上がり3F32.8の豪脚。1枠で良いポジションが取れたのも大きかったが2歳から活躍して近走も安定してる中で、ここを目標にしてきた結果もあるのかな。スミヨンが乗るだけであんなに爆発するとは。

 

2着はクロコスミア。持っている力を出し切ってますが3年連続2着の珍記録達成。マイペースに持ち込んで坂の登りで仕掛けて、下りで突き放して粘った良い競馬。去年と臨戦過程が同じでそこまで着順も悪くない割には人気してなかったような。

 

3着はラヴズオンリーユー。2番手追走で向正面では、やられたーと思ってましたが末脚不発。今回はラッキーライラックに先着するのは厳しそうだが、クロコスミアにはコース適性あるにしても先着してないのは物足りないかなと。やっぱり高速馬場でこそなのかな。

 

▲のクロノジェネシスは5着。道中インを通って良い感じでしたが前を捉えることができず。オークスの止まり方をみても距離が長いのか。あと内回りのほうが合うのかな。来年以降自分から仕掛けて勝てるようになれば手がつけられなくなると思ってます。

 

△のサラキアは6着。ラヴズオンリーユーの位置にいるイメージでしたが結果的には3番手の外を走る競馬に。道中外走って馬券内に入れるほどの能力は無かった。人気の無い馬でしたし川田騎手に積極的に乗って欲しかったです。川田騎手はそつなく乗り過ぎな気も。対してルメール騎手の乗ったセンテリュオは道中位置を上げての4着。流石に外を走っては厳しかったがルメールの好騎乗。Sペースのルメールは怖いなあ。

エリ女の舞台で2頭(サラキア・センテリュオ)にそこまで差は無いと思うので騎手の差が出たと思います。枠の差ではないと言いたい。

 

 

次にいかす教訓

基本的に展開は完璧には読めない

 

 

ご報告というか少し自慢を。

この前の土日の4重賞(障害を除く)で◎が全て1着で、さらに日曜の2つの重賞では◯が2着という二度と見られないかもしれないことを成し遂げました。過去の栄光にすがっても意味がないのでドヤ顔するのは今日までにしますが、とても嬉しく忘れられない土日になりました。ここで調子にのらずに、また変に当てようとせず自然体でこれからも頑張っていきたいです。10月の重賞回収率3.9%だし。

それでは。